知的財産に関する国内外の最先端の情報が満載の知財専門誌

IPJ_logo.jpg
IPジャーナルとは

『IPジャーナル』は、『知財研フォーラム』と『IPマネジメントレビュー』とが統合・リニューアルして2017年6月に創刊された知財専門誌です。知的財産全般を対象として、その制度・運用やマネジメントに関する広範な情報を提供してまいります。

最新号の紹介
IPジャーナル第2号表紙

【冊子版】
2017年9月15日発売

特集 国境を跨ぐ侵害行為
ネットワーク関連発明における国境を跨いで構成される侵害行為に対する特許保護

茶園 成樹大阪大学大学院高等司法研究科 教授

「国境を跨ぐ侵害行為」に対するあるべき規律 - 実務家の視点から -

山内 貴博長島・大野・常松法律事務所 弁護士・弁理士

国境を跨ぐ特許侵害と国際知的財産法の解釈論的基盤

早川 吉尚立教大学教授・弁護士

「国境を跨ぐ侵害行為」と特許法による保護の課題

平嶋 竜太筑波大学大学院ビジネス科学研究科企業法学専攻教授

価格・購入方法

定価:2,000円(税込)
定期購読:8,000円(年4号・税込)
*当財団直販、全国の書店、Amazon等で販売

年4号発行(3月・6月・9月・12月の15日に発行)

公開記事一覧

IPジャーナルの記事の一部を公開しています。公開記事を読む

論文投稿

IPジャーナルに論文を投稿できます。 →投稿概要(準備中)

IPジャーナルは知財研フォーラムとIPマネジメントレビューを統合して創刊した新雑誌です。
各誌から引き継いだ連載記事もあります。バックナンバーは各誌のウェブサイトをご確認ください。
知的財産研究所の法人会員の方・知的財産管理技能士会会員の方へ


PAGE TOP