沿革


旧 一般財団法人知的財産研究所

平成元年6月 財団法人知的財産研究所 設立
会長 平岩 外四(東京電力株式会社会長(当時))
平成3年3月 会長に加藤 一郎(成城学園学園長(当時))が就任
平成5年10月 ワシントン事務所を設立
平成15年4月 図書館を設立
平成17年4月 会長に中山信弘(東京大学教授(当時))が就任
平成23年4月 新公益法人制度の対応として、一般財団法人へ移行

旧 一般社団法人知的財産教育協会

平成14年12月 知的財産教育協会 設立
会長 棚橋 祐治(石油資源開発株式会社会長)
平成15年8月 有限責任中間法人となる
平成16年3月 第1回知的財産検定を実施
平成20年2月 厚生労働大臣より「知的財産管理技能検定」に係る指定試験機関の指定を受ける
平成20年7月 国家試験第1回知的財産管理技能検定を実施
平成21年3月 一般社団法人へ移行

一般財団法人知的財産研究教育財団

平成28年4月 一般財団法人知的財産研究所と一般社団法人知的財産教育協会とが合併し、一般財団法人知的財産研究教育財団 発足
会長 中山 信弘(東京大学名誉教授)


PAGE TOP